gato's radio 好きなものを好きなだけ

色々なジャンルの「モノゴト」について好き勝手にまくし立てます

ハロープロジェクトとわたし。②@その眼差しに引き込まれるまで

こんばんは。ガトです。

さて、①ではハロプロにハマリそして冷めるまでを語ってきましたが、②では再び熱を取り戻すまでをつらつらと書いていきたいです。

私に再びハロプロ熱を取り戻させた番組、それは柳原可奈子さんが朝のニュース番組内で行なっているエンタメクイズコーナーでした。
なんとなしに見ていたそのコーナーで、柳原可奈子さんが突如モーニング娘。の新曲を紹介し始めたのです。ちなみに柳原可奈子さん、猛烈なハロヲタだったのですが、当時はそんなこともつゆ知らず、なんでいきなりモーニング娘。の新曲なんか紹介するんだ??という気分でテレビを見ていました。

そこで流れ始めた曲。それは衝撃の一言でした。どんと突き上げるようなノリノリソングと、かっこよく決まったお姉さんメンバーと、明らかに幼いメンバーたちがスカのリズムで踊りまくるMV……

「まじですかスカ!」です。

もうその曲と、MVと、柳原可奈子さんが興奮気味に熱弁している声が頭から離れることはなく。気づいたらYouTubeでまじですかスカ!を検索していました。
好きな曲のタイプドンピシャだったんですよね。何回も何回もリピートしました。小さい頃憧れだった愛ちゃん、れいな、さゆ、ガキさんが大人っぽくなったことに感動したり、ちびっこの9期メンバーを見て、モーニング娘。は9期まで入ったことに訳もなく感動したり。
当時MVで釘付けになったのはふくちゃんだったように思います。中学生なのにそうとは思えない謎の色っぽさがありましまよね。ふくちゃん。スカなのに!!スカのリズムなのに!!

と、熱く語りましたが、私がこの曲でハロヲタに舞い戻ったかというとそうではありません。その証拠として、私はそれ以前の曲、それ以降の曲を聞こうと思わなかったし、まじですかスカ!自体も次第に聞かなくなります。まだこの頃は一過性のものでした。

時々愛ちゃんやガキさんの卒業のニュースを聞いて、モーニング娘。の現状を調べる時はありました。10期、11期が入ったこともなんとなく知ってたけどそれくらいでした。名前を覚えようなんてまさか思いもしませんでした。

さて、徹底的にハマる瞬間。それはれいな卒コンです。
田中れいなの卒業ニュースを聞いて、今までと同じようにモーニング娘。の現状をなんとなく調べました。調べて、れいな卒業ナンバー、ブレインストーミングを聞きました。

わ、なにこれカッコイイ……

いつもならそれで終わるはず。なのに何故かそれで終わらなかった。卒業ナンバー以前の曲を何故かYouTubeで漁り始めたのです。まじですかスカ!も何回も聞き直しました。それに留まらず、YouTubeにアップロードされていた、バラエティ番組に出演したときの動画や、DVDマガジンの動画をのめり込むように眺め続ける日々でした。ブログも読んだりし始めました。

でも、ここまで何故か心惹かれておいて、まだハロヲタという訳では無かったのです。
自分の中のマイブーム的な位置でしかなかった。まだハロヲタと言い張れるほど少女たちを心から応援する気持ちはありません。ただ可愛いなあ歌上手だなあ面白いなあという程度。

そこから、ハロヲタになったのだ、と恋に落ちた感覚に襲われたのはハロステで、れいな卒コンの映像を見たあの日です。
シャイニーgを歌うれいなの、アイドル度直球に衝撃を受けました。これぞアイドルの塊。その前のスピーチとも相まって、れいなのアイドル力を最後の最後まで放出したパフォーマンス。
そして最後のシャボン玉。それまでのライブの動画とは比べ物にならないほど、現メンバーが気迫あふれるパフォーマンスを披露。まさに心の底かられいなの卒業を惜しみ、悲しみ、祝福するために今自分ができる最高のパフォーマンスをしている。

あの頃、まさにアイドル戦国時代と呼ばれる時代がやってきた頃でした。いくつかのアイドルが国民に認知され始めました。私もいくつか、そのアイドルたちのパフォーマンスを見ました。

でも、そのどれを見ても浮かぶ感想はひとつでした。何か違う、と。

そしてこのハロステのライブパフォーマンスを見て、飯窪さんの涙を眺めて、その違和感の正体に気づきました。

ああ、モーニング娘。を見て育ったからだったのだ。私にとってのアイドルの頂点は、つんくさんの作るアイドルソングを、自分の力の限り歌い踊るハロープロジェクトでしかないのだ……と。

そうして、ハロヲタへと転がり落ちた私。幼少期とは異なり、今度はアーティストとして、アイドルとして、両方からハロのアイドルを見つめることとなりました。そして、幼少期とは違い、私はとある1人の少女に夢中になりました。

いつの間にか目で追ってしまう。
山よりも高いパフォーマンスに賭ける思いとプライド。
なのにひとたび舞台を降りればポンコツぶりと愛嬌溢れる笑顔で、ファンの心を鷲掴みにしていました。

いままでにない、ハロープロジェクトのアイドル。それが、鞘師里保でした。


③に続く